70年代-Part1-
●プログラムカー
ボンネット内の回転ドラムにブロックを差し込むと前進・後進・ストップ・左折・右折・直進と思った通りにプログラムが可能なクラシックカー。右折左折の時はウインカーが点滅するすぐれもので、プログラムブロック玩具の元祖ではないでしょうか?
上写真/ボンネット内のドラム。ここに小さなブロックをつけることでプログラム出来ました。
●走れ機関車
ダイヤブロック初のレール物が「走れ機関車」です、レールは今見ても画期的なブロックそのものの上を走るというものでした
●わたしのおうち
家外装ではなく、ごっこ遊びをしやすく作られていたのが「わたしのおうち」。人形や小物が豊富に付属しております。
人形付きで、お家ごっこが楽しめます。
お家は2タイプありました。
(C) KAWADA CO.,LTD. 2001